So-net無料ブログ作成

ふるさと納税 [雑記]

20160218hurusatonouzei.jpg

昨年度、初めてふるさと納税というものをしてみました。

もともと少しだけ興味はあったのですが、
行動の決め手になったのは、
これまた昨年度に始めた青色申告の相談で申告会へ出向いたとき、
対応してくれた局員さんからの、

「え?こんなに税金払ってるんですか?!」

の一言でして。

高額所得なわけではないのです。
一連の所得やら経費の話をしたうえで、前年度の市都民税額を見ての発言なので、
おそらく割合での額なんだと思います。
どうも、経費やら控除の額が少ないんでしょう。

で、自分はあまり得をしていないと気づき、
その数日後くらいに、ちょうどテレビでふるさと納税特集をやっているのを見て、
ふと、自分の出身市や、在住市のお礼の品を調べてみたのです。

すると、出身市は特産品やら色々良い品があるのに対して、
在住市は、お礼の品は一切なし!!
あるフルーツの発祥の地とかなんとか銘打って、
オリジナルキャラクターやら特産加工品にも力を入れてるってのに!!
セコイな!

それを見て、在住市と都に少しでも抵抗すべく(笑)
ふるさと納税を実行に移したわけです。
(ちなみに、在住市にはふるさと納税はしたくても出来ませんけどね)

で、テレビで紹介されていたふるさと納税のサイトから、
出身市をはじめ、お礼の品からいろいろ検討して、
自分の所得額からおおよその寄付の上限額を割り出して、
数市に寄付してみたのです。

年末に実行したものですから、ほとんど米。
ちょっと気になったお米のカステラや31アイスクリームの商品券も狙ってみましたが。

一か所、申請に失敗して、もう15キロのお米を貰えるのを逃してしまったのですが、
今年の始めから消費し始めた米、まだ底を尽きません。
秋くらいまでは持ちそう。
ただ、すべて精米なので、夏を挟んで味が落ちそうですが・・・。

というかですね、米の味よりも、
先日までの都知事騒ぎのさなかに、市都民税の納税通知書が届いたのですが、
市と都、それぞれに一定割合を差し引かれた額しか控除になっていなかったけれど、
(寄付額の半分程度ですが市と都への控除分を合計すると、ほぼほぼ寄付額を同額です)
可能な限りの都への納税額減額ができて大満足!!
昨年度の自分、よくやってた!と褒めたいです。

といわけで、今年もやるぞー!


タグ:雑記
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

水のある風景 [ぼくらはみんな生きている]

20160611mizubati.jpg

去年の秋に、お祭りのメダカすくいで一匹もすくえずに
サービスで貰ったメダカが9匹。

飼育環境が悪かったせいで、どんどん減っていき、
3匹が外置きのバケツで冬を越し(画像左上の水色のバケツ)、
春に近くの用水路で捕まえた小さいタニシとヌマエビをそのバケツに追加投入し、
オオカナダモとホテイアオイなども適当に入れておいたところ・・・

タニシは大量増殖し、オオカナダモとホテイアオイも増殖したので、
水鉢を購入して、そこに種から始めた古代ハスの鉢を入れ、
更にホテイアオイを移したら、
どうやら根っこにメダカが卵を産み付けていたらしく、
赤ちゃんメダカが現れました。

20160611medakanoko.jpg

その数日後にはオオカナダモが花を咲かせていて。

20160612ookanadamonohana.jpg



思いがけずメダカを入手してしまった。
古代ハスの種を買ってみたら、うまく発芽させられた。

これらをまとめて、涼しげな水鉢を作ってみたい。

水の浄化にタニシとヌマエビを採取・投入。
(ここに蚊が産卵しても、メダカが食べてくれてボウフラ対策になる?)

意外と順調!(?)


てな流れの最中なのですが、

真夏は水の温度上昇と酸素抜けの対応と水質維持。
でも、頻繁な水の交換はメダカへ悪影響。


そんな懸念を抱きながらも、
さて、こんなに生命に満ちあふれた鉢を、この夏維持できるかな!?

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る