So-net無料ブログ作成
検索選択

いちねんせいの日々3 [ちびっこ]

いちねんせいともなると、彼らの社会というか世界ができてきます。

その最たることが、
『休日に友達と遊ぶ』です。

これが・・・オヤ的に難敵なのです。
お互いの家に上がっていてくれればまだ、目が届くので良いのですが、
まだゲームで遊ぶよりも、走り回ったり体を動かすことの方が好きな
いちねんせいたちなだけに、家の中では納まらないわけで。


4月。
子供が自分の気分や時間で、友達の家に遊びに行きます。来ます。
とりあえず、近所の児童館に行こうと言い出します。
慌てて身支度して、親は付き添います。

お互いの親とラインやメールで連絡取り合いながら、
送り担当・お迎え担当などしつつ、
夕方帰宅するまで、ほぼほぼ子供に付き合う感じ。


5月。
道にも慣れてきたので、親同士は「来たよー」「〇〇に行ったよ」と
連絡を取り合いながら、子供だけで行動させてみる。
でも、時々様子を見に現地に赴く。


6月。
午前中にあった集まりで、あとで遊ぶ約束をしてくるが、
何時にどこでも決めずに解散して、
案の定食事中にピンポ~ン。

先に児童館に行っておいてもらうけれど、
食事が終わって、更に別の友達にも声をかけて児童館に行ったら、
先に来ているはずの子が居なくて、ママに確認メール。

「一度帰って来たけど、結構前にまたなんだか出て行ったけど・・・」と、
あわててその子のパパさんが児童館に見に行ってみたら、
「3人で遊んでいたよ~~」との報告で一安心。

・・・と思っていたら、その一時間後に後から誘った子のママから、
「二人で盛り上がっちゃってうちの子つまらないって帰ってきちゃったわ」と連絡が。
更に、その30分後にうちのちびっこが一人で帰って来て、
「パソコンで遊んでいたら、いつの間にか二人がいなくなっちゃったよ」と。
(既に証言に食い違いが・・・)

1人は帰っちゃったからオヤ的には問題ないのだけど、
じゃあ、もう一人の子はどうなったの!?と、あわててちびっこと一緒に児童館に行ったら、
その子は2年生の友達と児童館の外を自転車で走り回っていた・・・。

3人の輪、脆い!!
というか、ただの自由人の集まりでしょう。

とにかく、約束の仕方がテキトー。
自分の時間や感覚で行動。
遊びに行った先で違う友達と会うと、
当たり前に遊ぶ組み合わせが変わって、更に移動しまくる。
しかも自転車の子がほとんど。
(うちのちびっこは子供だけの時の自転車を許可していないので、ひたすら走る)

いちねんせい、特に男児ってこんなノリなんでしょうかね・・・
振り回されるオヤも、どこまで付き合わなくちゃなのか分からない。

上記のエピソードも、実は一つ一つの行動の合間に、
もうちょっと話に枝葉があるのですが、
書くともう訳が分からなくなってしまうので、割愛しています。

とにかく、いちねんせいは「自分で行動する」という自信と意欲に満ち溢れ出す
生き物のようです。


子「〇〇君と△△で遊ぶ約束したから行ってくるね」
親「〇時には帰って来てね。行ってらっしゃい」

と、送り出せるようになるまでののりしろ期間は、
体力と精神力をとても使うのでした。


でもね、帰宅の時間だけは、みんなとにかくちゃんと守るんですよ!
そこは感心。

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 1

argo

3歳になるうちのちびっこは、保育園で先日おでこをかじられたそうで、
どうしたのと聞くと、食べられちゃったの・・と。園に迎えに行くと、年上の
女の子が〇〇チャンノママが来たよ、と帰る支度を整えてくれるとか・・。
自分をいろいろな人たちが取り巻いていることに、少しずつ気が付いて
いるのかなぁ、と感じます。この前、ちょっとした小川で水遊びをしている
とインド系の顔つきの子供が来たのですが、平気でその中に入って行き
国際交流を行っていました。我々だと、ちょっと顔つきが異なると変に
身構えたりするわけですが、そんなことおくびにも見せないのです。

自分を取り巻く世界が少しずつ大きくなっていることを感じ取れるまで
には、まだ時間がかかるのだと思いますが、この世界が人との繋がりで
成り立っていることにはうすうす感じているようです。

一年生ともなれば、友だちという感覚にも目覚めるのでしょうし、それ
ぞれの人たちが、自分とは違うことにもいつの間にか気が付いている
のだろうと思います。挨拶とか約束とか、人同士を結び付けることなんだ
ってことも自然とわかって来るのでしょうね。

べしなみさんの記事を拝見していると、何となく子供たちが一歩ずつ階段
を登って行く姿が見え、とても興味深く拝読させて戴いています。今後も
よろしくお願いします。
by argo (2017-06-19 07:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。