So-net無料ブログ作成

酔ってる話 [ちびっこ]

この春の憂鬱の種のもう一つ・・・
どうやらちびっこ、車酔いしだしたようです。

昨年の秋に、仕事と保育園をお休みして、
車で朝からお出かけしたときに、
発車後20分位、高速に乗る直前に
ウプッと気持ち悪くなったことが、発覚のきっかけでした。

お出かけ先で発病!のパターンを過去の痛い経験から予想して、
思い切って引き返したのですが、
帰宅後はみるみる回復して元気になったものですから、
これは車酔いか・・・!?と。


産まれてから、かなりの頻度で車に乗せていたので、
車酔いはそんなにしない子に育っているかと思っていたのですけれどね。

調べてみたら、5~6歳くらいから発症する、
三半規管の成長過程で起こってしまう症状のようですね。


で、そのきっかけ以降、乗車条件によって、
時々怪しいかんじが度々あったので意識してみると、

・車内室温が熱い(陽が当たる)
・空腹時
・午前中・・・?

に、どうも気分が悪くなるようだという条件が浮かび上がってきました。


そして、ディーラーに行ったときに担当さんとお話したり、
保育園のお友達も、ほとんどのお家で車所有しているので、
みんなの様子はどう?と、
リサーチして回ってみました。

すると、あるわいるわで・・・。

空腹で外食に行こうと車に乗せると20分位で気持ち悪くなる、
でも、帰りは大丈夫。
午前中だけ、酔い止め飲んでも効かずにゲーゲーで、
午後になると全然大丈夫。

その条件、やっぱり「こどもの車酔い、あるある」なのですね。


で、どういう対策しているのか?を聞いてみると、

睡眠不足にさせないとか、
深夜帯に出発して、車中で寝てもらうとか、
バケツを何個も車に乗せておくとか・・・

って最後のはどうだろう?
対策というか、割り切っての対応?

ワタシ、そんなにメンタル強くないから、
ゲーゲーどころか、車内で気持ち悪がられるだけで
かなりこちらも精神的にダメージ受けちゃうから、
そこまでして車に乗せて出かけたくないかも。

なにより、本人も嫌だろうしなあ。

でも、よくよく考えてみると、
発覚のきっかけ以前にも、今思うとあの時、酔ってた?と思えるものもちらほら。
そう気が付いてしまったとたん、ちびっこを長距離の車に乗るのが怖くなってしまって。
車さえあれば何処へにでもちびっこと楽しくドライブ!という気持ちは、
すっかり消えてしまいました。

また行きたかったあそこもあそこも、
みんな遠い・・・遠くなってしまったなあ・・・。


酔い止め飲ませればいいか!と飲ませて乗せた時、
それでもちょっと酔ったみたい?なこともあったり、
副作用なのか腹痛があったことも・・・で、
この冬~春にかけては、極力お出かけは交通機関を利用したのでした。

そこそこの距離を乗っても、
まーーーったく、なんともないときもあるのですけどね・・・。


小学校就学・学童クラブに対する心配・憂鬱はとりあえずクリアしたけれど、
こっちはまだまだ対応の模索やら挑戦やら諦めやら・・・
していかなくてはならなさそうです。


タグ:ちびっこ
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 1

argo

いまの子は生まれたときから車に乗るのが当たり前ですから、車酔い
なんて有り得ないと思っていましたが、お話ですとそうでもないのです
ね。うちのちびっこも、毎週のように遊びに来るので、その度にあちら
こちらと連れまわしていて、すっかり車には慣れっこになっているよう
ですが、油断はできないということでしょう・・。

今後の成長・様子のレポートを参考にさせていただきます。
by argo (2017-05-01 07:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る